相続・贈与のご相談

不動産が亡くなられた方の名義のままではありませんか?

不動産の名義変更には期限はありません。
しかし、手続きを先送りにすると世代が変わり、手続きが煩雑になることもあります。
安心して暮らして頂くには、その時々での適切な手続きをされることをお勧め致します。

生前に不動産を渡たす方が良いか?相続で渡す方が良いか?

不動産を生前に子供に贈与したい。そんな要望をよく聞きます。
生前の贈与と、相続とではそれぞれメリットとデメリットがあります。
アルクスでは、どちらがお客様にとって最適かを、お話しを重ねての上で提案致します。

よくあるご質問

Q. 親(兄弟姉妹)が亡くなりました。何をどうしていいかわからない。

A.「相続」と言っても亡くなられた方の状況により、画一的にこの方法がよいと断言できるものはありません。私達と多くのお話しをする中で最適な方法を見つけましょう!

Q. 親が亡くなりました。身内での話し合いでは「私が親の面倒をみたから」とか「私は家を買う時に援助してもらっていないから」とか、個々が主張するばかりで遺産分けがまとまりません。

A. 遺産分けが長引くと誰も得をしません。単純に分け合うのだけではなく、代償金を支払う等の少し違う方法も検討してみてはいかがでしょうか。調停等を利用する事で、第三者の意見を取り入れる機会をつくる事も一つの方法です。その他にも、方法があります。
何が一番良いか一緒に考えましょう!

Q. 親が亡くなりましたが多額の借金があります。どうしたらよいのでしょうか。

A. 相続人同士での遺産分割の合意だけでは、借金の支払いを免れません。私達にご相談していただき、内容を詳しく聞いた上で最適な方法を見つけましょう!

Q. 不動産を生前贈与すべきか死んでから相続で子供にわたすべきか分かりません。

A. お客様の状況により、どちらがよいか異なります。場合によっては、税理士等も交えてご相談に乗らせて頂きます。